Home > グルメショップカード研究会 > 焼鳥にほん晴れ

FUKUOKA 博多

食べればわかりあえる!?

皆様こんにちは。デザイナー鈴木でございます。
実は、私もともとは東京本社に勤めておりまして、今から約4年前
ひょんなことから、縁もゆかりもなかった土地
この福岡支店へ転勤してまいりました。

転勤当初は、知り合いも少ないし、見知らぬ土地だし不安だらけでしたが
土地柄か人は温かいし
物価は東京に比べると多少安いし
特に食べ物は美味しいと、今では福岡LIFEを満喫しております。

今回はそんな私が見つけた心のオアシス「焼鳥にほん晴れ」で
仕事でいつも一悶着ある(笑)小川統括のご機嫌をうかがってみたいと思います。

とある日の福岡オフィス
小川「だ~から、どう考えてこのデザインになったとよっっ!」
鈴木「いや、この場合は○○だから、このように制作したんですが。。」
小川「だめだっ!、腹が減って頭が動かん!飯食いながら続きをするぞっ!」

と言った具合に、ご飯を食べながら仕事の打合せを兼ね場所をかえることに。
鈴木「はよ飲ませて、酔っぱらわせて機嫌うかがおうっと」

福岡支店より歩く事5分
暗闇に、一際目立つお店がっ
これが、今回ご紹介したいお店「焼鳥にほん晴れ」だっ!

01

名は体を表すという言葉の通り
「日本晴れ」という名にふさわしい外観
壁面に描かれたエビス様に迎えられ店内に

0405

まずは、とりあえずお約束の生ビールで乾杯!

生ビールと共に置かれたお通しの「酢モツ」
えっ!?お通しでこの量?というくらいのボリューム
新鮮なモツを使っているため臭みもなく美味い!
これだけでジョッキ1杯空いてしまいそうでしたが
仕事の話しもあるのでお酒はひかえ、先に料理を注文

02

今回は店長に予算5,000円でオススメメニューを組んで貰いました。
しかし店長マッチョ!この店で下手な事をしたらつまみだされるなと思いつつ
料理を待つ間先程の仕事の話しの続きを
空腹が少し収まったせいで。二人とも穏やかに…

0607

まずは塩キュウリ。キュウリをごま油、塩、胡麻、タカのツメであえたシンプルな料理ごま油
の香りが食欲をそそる!

08

そしてだしまき卵。
だしまき卵いうと飲んでいてちょっと箸休めしたいなーって時に
注文しますがここのだしまき卵はこれをメイン料理にもってきても良い
くらいのボリューム!半熟トロトロでダシの味もしっかりきいていて白飯と
一緒に頬張りたい衝動にかられます!
看板娘のおばちゃんも茶目っ気タップリに写真を撮らしてくれました。

1011

そして、今回のメイン焼鳥盛り合わせがドーンと運ばれてきました。
・砂ズリ×2
・はつ×2
・サガリ×2
・四つ身×2
・イカ×2
・ヤゲン軟骨×2
・豚バラ×2
・トマト巻き×2
・ししとう巻き×2

どれもジューシーで塩がしっかりと効いていて
そしてボリューミー!
比較物を置いて写真を撮ればわかりやすかったのですが
普通の焼鳥屋で出てくるサイズの1.5倍ぐらいありそう

12

このころには2人とも先程の険悪なムードも嘘の様にもすっかり良くなり
お互い焼鳥を食べさせあう程の仲直しぶり!

15

最後に店長さんと記念撮影
自分の体がだらしなくみ見え後悔…
さっそく帰ったら筋トレを始めなければと思う

【今回のお会計】
・塩キュリ 390円
・だし巻きたまご 490円
・砂ズリ 90円×2
・はつ 140円×2
・サガリ 290円×2
・四つ身 100円×2
・イカ 160円×2
・ヤゲン軟骨 140円×2
・豚バラ 120円×2
・トマト巻き 240円×2
・ししとう巻き 240円×2
・生ビール 480×2
——————————-
合計4,480円

掲載店情報

店名 焼鳥にほん晴れ
住所 福岡市博多区店屋町2-12
電話 092-271-3531
営業時間 月~土
17:00~2:00
定休日 日曜日